Slider

音楽を使って生き生きリフレッシュ(介護予防)

近年注目されている『高齢者の音楽療法』プログラムのご案内です。

                         

※お問い合わせください。

生演奏を聴きながら身体を動かしたり、好きな歌を歌ったり気分転換や心と身体の健康維持・向上を図りましょう!

《対象》

65歳以上の方

《このような方に》

・身体を動かす機会の少ない方
・好きな歌を歌って発散したい方
・『フレイル』を意識されている方
・体力の低下、記憶低下が気になる方
・ふさぎがちで気持ちの落ち込みのある方

『フレイル』・・・日本老年医学会が2014年に提唱した概念。年齢を重ね、心身の活力が低下した状態のことです。英語のFrailty(フレイルティ)が語源になっており、日本語に訳すと虚弱、老衰、脆弱を意味しています。

 

《プログラムの目的》

・心身の健康の維持・向上
・音楽を使って気分転換を図る
・他者との交流を行い気持ちの安定を図る

《お知らせ》

☆このセッションは、医療・治療行為ではありませんので、医師による指示や処方は必要ありません。

☆2022年:日本音楽療法学会全国学術大会発表
『軽度認知障害の患者グループへの音楽療法を実施した一事例
 ~デイケアMCI音楽療法プログラムを通して~』